インクジェット印刷が可能な素材

インクジェット印刷が可能な素材

インクジェット印刷が可能な素材 インクの開発が進むなどインクジェット印刷の技術は進化を遂げ、現在では様々な分野で取り入れられ幅広く用いられています。インクジェット印刷で可能な素材のその豊富さも特徴であり、ビジネスにおける利用価値も高く重宝されていて、新たな挑戦や新商品への可能性も期待できます。プラスチック製品、布製品、本革や合皮製品、金属やガラス、木材や石材までありとあらゆる素材に対応します。
例えばプラスチック製品で言うと、家電や自動車、鉄道車両や航空機など規模が大きい物から食品容器や日用雑貨のパッケージ印刷など身近な商品まで対応しています。プラスチックと一言で言っても、ポリエチレン、ポリカーボネート、ポリプロピレン、ポリスチレン、アクリル樹脂、AS樹脂等々挙げるときりがないくらい種類が豊富ですが、これら性質や用途の違うそれぞれのプラスチックに対応可能です。ほぼ何にでも印刷ができると言ってよいくらい利用用途が広く、特にノベルティグッズ制作での宣伝には最適な印刷技術です。

金属にもインクジェット印刷は可能?

金属にもインクジェット印刷は可能? 金属にも手軽に印刷ができれば便利、そのように考えるケースは少なくないのではないでしょうか。紙に使用されるインクジェットは、実は金属にも出力したり印刷が行なえる技術です。この特徴はインクジェットが顔料を乗せる方式で、染料のようにインクを染み込ませる必要がないことから生じています。溝を掘る工程は一切不要なので、その点の費用も大幅に削減することが可能です。金属は元々難印刷性の素材ということもあって、専用の印刷機や定着しやすい特殊インクを使う必要はあるものの、費用面も他の印刷方法と比べて優れます。
インクジェットは良好な発色、それに対象物を選びにくい柔軟性の高さが魅力的です。出力対象は多岐にわたりますし、文字や図形の輪郭は勿論、各種のカラーも問題なく出せます。輪郭線は鮮やかで、一見するとインクジェットが出力したとは思えないほどの仕上がりになります。素材の印刷しにくさを考慮すれば、カラーも十分に満足できる結果が得られるのではないでしょうか。