初心者のためのインクジェット情報サイト

インクジェットの耐久性

インクジェットの耐久性 インクジェットプリンターは、数種類のインクカートリッジから供給されるインクを直接用紙に噴きつけることで印刷をするプリンターで、色の再現性が高いという特徴があります。
印刷頻度の絶対数が少ない場合や再現性を重視する場合に重視されており、家庭向けのインクジェットプリンターは一般的に1分あたり数枚から10枚程度、ビジネス向けは20枚から30枚以上と数倍の違いがみられます。
耐久性は、頻繁に印刷をするビジネス向けは10万枚と高いため、必要最小限のインクカートリッジの交換で長く使い続けられるという特性があります。
また、技術の向上に伴いにじみにくいクリアな印字が可能になっており、写真やチラシのようなカラーデータを鮮やかに出力できる高品質のものが開発されています。
品質や耐久性以外にも、消費量をベースにしたインクジェットのランニングコストは、モノクロ印刷の場合は1枚あたり1円台半ばと消費電力が少ないという特徴もあります。

インクジェットの耐用年数はどれくらい?

インクジェットの耐用年数はどれくらい? 近年は企業の広告や宣伝を行うためにインクジェット出力が活用されており、専門業者へその出力を依頼することが一般的となっています。
専門業者では上質なものをリーズナブルな価格で提供していることがその背景として挙げられます。
ただ、企業にとってはインクジェット出力で作成した印刷物がどれくらいもつのかは非常に気になるところです。
多くの企業では経費節減に取り組んでいるので、これは大きな問題といえます。
インクジェットの耐用年数は素材によって多少異なります。
例えば短期使用の素材である短期用光沢塩ビの場合には半年から1年、長期使用の素材である長期用光沢塩ビや剥がす際に糊が残りにくい素材である長期用再剥離光沢塩ビの場合は3年から7年となっています。
このほか電飾用PETシートや反射光沢塩ビなら3年から5年が耐用年数となります。
いずれの素材も多く使われますが、中でも多く使用されているのは長期用光沢塩ビです。
耐久性もさることながらその使いやすさから人気となっています。